HOME >ブログ >リフォーム >あきらめのタイミング。

あきらめのタイミング。

昨日は各所で避難勧告が出されました。
台風による冠水はあの津波の光景を思い起こさせます。

朝電話で目を覚ましました。
施工させていただいた施設が冠水寸前だという事で水中ポンプを届けて欲しいという内容でした。

早めに家を出て道路を見るといたる所で冠水していました。

水中ポンプの手配と他の現場の確認を終えてから現場に向かいました。

現場には冠水の為車では近づけず、トンネルの入り口に車を止めて歩いて向かいました。
長靴を軽く越えてしまう高さまで水位が上がっていた現場はもうどんな対策をこうじても床上浸水を防ぐのは難しい状態でした。

施設の皆さんにはガッカリさせてしまいましたが、もう確実に床上浸水をするので、家具や貴重品を移動しましょうとお話させていただきました。
せっかく仕上がった室内が冠水してしまうのは辛いのですが、それでも最終的には段取りをして避難する策を実行したほうがベストだと思いました。

予想通り満潮を迎える午後には近づけないほど冠水していました。

水が引き次第被害の状況を確認して復旧に努力したいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へにほんブログ村

こちらもポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

「リフォーム記事ランキング」はこちらからご覧いただけます!

「内部解体」が注目記事ランキングのリフォーム部門においてランクインしました。

「下地まで完成しました。」が注目記事ランキングの介護リフォーム部門において
ランクインしました。いつも応援ありがとうございます。