HOME >ブログ >リフォーム >地震と屋根の関係。

地震と屋根の関係。

何度か続いている余震でさらに屋根の瓦が落ちるなど痛んでいる建物が多く見受けられます。

日本の家屋に用いられてきた瓦造り。
断熱性や耐久性などにすぐれ、割れた部分のみの補修も効くのでメンテナンスしやすいという利点があります。

しかし、地震の場合はその重みによって建物に影響をあたえてしまいます。

屋根材が重い建築ほど地震の力を大きく受け、重心が高い位置にある建物ほど揺れは大きくなるからです。

屋根を軽い材料で施工し、建物地震の重量を軽くし重心を低くすることで、
地震によって影響を受ける力を小さくすることができます。

地震の活動期に入ったと言われるほど現在は地震が多く起こっています。

建物の状態を確認し必要に応じて軽い素材での葺き替えを検討されることをお勧めします。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へにほんブログ村

こちらもポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

建築現場人気記事ランキングはこちらからご覧いただけます。

「リフォーム人気記事ランキング」にて「コツコツと」と「応急修理制度に思う事」がランクインしました。皆様の応援のお陰です。「リフォーム記事ランキング」はこちらからご覧いただけます!