HOME >ブログ >リフォーム >気持ちの置き方。

気持ちの置き方。

今日は店舗の修繕工事がありました。現場は非常にスムーズに進み予定よりも早く終える事ができました。施工後の確認にまわったのですが、気になる事がありました。施工的には予想よりも仕上がりよく完成できたのですが、朝工事の為に移動したお店の商品が元の位置に戻っていませんでした。朝の状況を施工の方に話して元に戻してほしいと言ったのですが、急いでいたのがどこにどれを動かしたのか覚えていない様子でした。似た箱がたくさんあるので、
私も置いてあった状況はわかるのですが、中身がどれかは確認していなかったのでどうしたものかと困ってしまいました。
でも記憶はこれ以上考えても曖昧なままなのでお客様にお詫びして後で確認してもらおうと思ったのですが…。
施工の方は私に責められていると思ったのかこんな事をいいました。
「もともとゴタゴタ散らかってたんだし、それを元に戻せって言われても無理だ。」と…。

その人がいいとか悪いとかではありませんが
この言葉は納得いきませんでした。

お客様は私達を信用してくれて誰もいない店内へ入らせていただいているのに。
私達の仕事は施工技術も大事ですが、お客様にストレスを感じさせない努力も大切だと思います。
もし朝店に来ていつも置いてあるところに大切なものが無くなっていたら。
きっと仕事に支障をきたし困惑してしまうでしょう。
これでは工事が完璧でも満足していただけない。
技術よりもまず心。
お客様の家・大切な物を同じく大事に思って仕事をする事。
ひとりひとりが気持ちを持って現場をこなしていければと…今日はつくづく思いました。

それを現場に伝えるのが私の仕事。伝わらないのは私の責任。
技術と心がひとつになる現場を目指して努力していきたいです!

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします