現調。

リフォーム前の現地調査(現調)はとても大切で難しいです。
建築図面がなかったり、あっても現状が変わっていたりで
結局いつもひとつひとつ測りながらノートに間取りを控えていきます。
お客様の希望をうかがいながらなので、ピッチをあげて書き込まなければなりません。お話を聞き希望しているイメージをつかみながら進めます。
通常2人で対応していますが、現場の予定が重なっていたりすると一人でうかがう事もしばしば。
この現調がしっかりできないとプラン作成も見積もりもできませんので責任重大です

今日は幸い2名で現調に向かうことができました。
以前リフォームさせていただいた家で、息子夫婦が同居することになって再度部屋の改造を依頼されました。
3部屋と水廻りでしたので、時間をいただいて細かく調べさせていただきました。
同居を楽しみしているご夫婦のお気持。
若い夫婦のスペースを暮らしやすくしてあげたいという思いがとても伝わってきました!
この思いを直に感じるのも現調時には大切なことだと思いますね

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします