HOME >ブログ >リフォーム >よくある漏水ケース。

よくある漏水ケース。

先日「家の床下で水が流れる音が聞こえる」と連絡をいただき漏水調査に出かけました。今回は聴診器をあてなくても「シューッ」と大きな音が聞こえました。
音をたどると台所の床下。だいたいの検討をつけて開口しました。

すると保温材に包まれた給湯配管から水が噴出していました。

材料を用意して修繕作業開始。
保温材の間からいきおいよく噴出していましたが、もしかするともっと先からの漏れかもしれません。そうだとすると再び床を開けなくてはいけなくなるので心配しました。
保温材をめくって確認。。。

よかった!開けてすぐに銅管に千枚通しで突付いたような丸い穴を確認する事ができました。

腐食部分を切り取り接着剤をつけソケットをはめ接続。
さらにまわりを溶接棒を使って隙間無く接着しました。

今回は漏水の原因をすぐ発見できたので、スムーズに修繕を行う事ができました。
銅管によくあるこのタイプの腐食。「電食」といわれたりしますが、原因ははっきりしないようです。わずかな漏れだと気づかずに水道のメーター検針時に指摘を受けはじめて知るという事も良くあります。
水廻りを安心して使用していく為に、点検口の確保がやはり必要だと思います。

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへにほんブログ村ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします

リフォーム人気記事ブログ部門にて

やる気のスイッチ1位
ログハウスと私9位

ペットと暮らす。11位です。
そして…補助金のお話が建築現場人気記事ブログ部門で1位となりました。

びっくりで嬉しいです!いつも応援していただいてる皆様のおかげです。他の記事もランキング上昇中です
!ありがとうございます
リフォーム人気記事ランキングはこちらからご覧いただけます!
建築現場人気ランキングはこちらからご覧いただけます!

スタッフ姉妹ブログWEB版暮らしの広場がんばれ!ウォンバット君も住まいと健康部門で3位となりました。
こちらも応援宜しくお願いします