HOME >ブログ >リフォーム >キッチンのプランニングレシピ。

キッチンのプランニングレシピ。

キッチンをプランさせていただく時に気をつけているポイントを
今日はお話させていただきます

まずはじめにできるだけ現在使用中のキッチンを拝見させていただきます。

はじめに見るのはシンクの向きです。基本は右利きの方は右シンク。左利きの方は左シンクをお勧めしますがこれはあくまでも基本。長年使い慣れているキッチンが逆だった場合は一応基本のお話はさせていただきますが、現在の使い勝手を優先させていただく事が多いです。

次は現在の収納量。収納がたくさんあってすべて収まっていらっしゃるお宅は非常に少なく大半は出窓の前の棚やダイニングテーブルの上などに物を置いてしまっている状態です。
この時何が収納し切れていないかを確認します。ボウルなどのキッチン用品なのか調味料などの食品なのか。これによって提案が変わってきます。キッチン用品などの場合は現在のシステムキッチンで対応させていただくとかなりスッキリ収納できるようになりますし、食品などが多い場合はパントリーの提案も考えさせていただきます。

それから家電製品も確認。冷蔵庫・炊飯器・電子レンジなど家電の種類をチェックする事で使いやすい配置とコンセントの位置・電気容量なども調べる事ができます

現在の様子を見させていただきましたら次はヒアリングに入ります。

今の不満点や今度のキッチンへのご希望をたくさんお話していただきます。
ここで良くお話を受けるのは「対面キッチン」のご希望です。

ここで必ず確認させていただく事は「オープン型」をご希望か「セミオープン型」をご希望かです。
「対面キッチン」への憧れはあってもキッチンもインテリアの一部として考える方と調理中の様子が丸見えになるのは嫌だと考える方と分かれるからです。
ここでイメージのすり合わせをキチンと行わないと後になって壁をこしらえる様になったりまたは吊り戸棚をはずすようになったりする事になりかねないからです。

その他家事にかけれる時間などをおうかがいすることによりお手入れの手軽さを重視したり付属した方が良い設備等の提案をさせていただきます。

ここまでが基本レシピ。あとはお客様のお話の中からヒントをいただきプラスワンとしてアイデアプランを考えさせていただくようにしています。

たくさん夢や希望を詰め込んで素敵なキッチンブランが完成しますように!
ご参考にしていただければ嬉しいです

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへにほんブログ村ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします

工程の組み立て方がリフォーム人気記事ブログ部門にて1位に続きましてやる気のスイッチ3位です。
そして…補助金のお話が建築現場人気記事ブログ部門で1位となりました。

びっくりで嬉しいです!いつも応援していただいてる皆様のおかげです。他の記事もランキング上昇中です
!ありがとうございます
リフォーム人気記事ランキングはこちらからご覧いただけます!
建築現場人気ランキングはこちらからご覧いただけます!

スタッフ姉妹ブログWEB版暮らしの広場がんばれ!ウォンバット君も住まいと健康部門で2位となりました。
こちらも応援宜しくお願いします