HOME >ブログ >リフォーム >雨漏りの応急手当。

雨漏りの応急手当。

昨日の雨で夕方お客様から電話をいただき雨漏りの応急手当を行いました。
予想以上の悪い状況。二階からの雨漏りが一階の和室の畳をびっしょり濡らす程の状態でした。原因をさぐることを試み怪しい箇所を何箇所か発見。しかしまずは晴れた時に足場をかけてからでないと修繕できません。
みるみる容器いっぱいに溜まる雨水。
これではお客様は安心して眠れません。色々方策を考えた結果、内壁を一部剥がし水が噴出している所に布巾をあてて真下に大きなポリ容器を置きそこにビニールをじょうごにして雨水を一晩の間溜め込む事にしました。
これから確認に訪問させていただき晴れ間を待って処置をしたいと思います。
以前にもお話しさせていただきましたが、雨漏りは必ずしも漏れた付近に原因があるとはかぎりません。伝ってきて偶々出口となる所へ向かいポタポタと落ちて来たりします。
外部の全体にわたるシーリングの劣化などでは数箇所から雨が漏れているケースもあり複雑で判断が難しくなります。根気よくひとつずつ原因の糸口となる経路をたどっていく事が必要となります。

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへにほんブログ村ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします

先日掲載させていただきましたちょっと一休みです。がリフォーム人気記事ブログ部門にて3位となりましたいつも応援していただいてる皆様のおかげです。ありがとうございます