食害。

既存の外壁を剥がしたらシロアリの食害により粉状になった木片とかろうじて形が残った柱部分が現れました。
ハンマーでコンコンと叩くと柱はボロボロと崩れてしまいます。
外壁工事中の緊急事態。予定していなかった下地を軸組みから補強・復旧しなければなりません。

腐った部分を出来る範囲ではありますが取り除き作業を進めます。

この後防水紙まで施工し一安心です。

シロアリの被害は築年数を問わずにいつも身近に起こっています。
常に建物や建物のまわりに注意することが家の安全にとって重要となります。


にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ

ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします