HOME >ブログ >リフォーム >30年後のグラスウール。

30年後のグラスウール。

30年後のグラスウール。

リフォーム現場の様子です。

先日解体を終えた所。
ボードを剥がした所では新築時に施工されたグラスウールが見えています。


「グラスウールは濡れぞうきんのようになって壁内でずり落ちている。」
いつしか悪者のように言われてしまっていたグラスウールですが、

私が見て来たリフォーム現場では
そのような状態になっていた所よりこうしてほぼ施工時のままに納まっている現場の方が多いです。

安価で扱いやすい。
あとは優れた断熱性能を発揮するための施工力があるか無いか。
正しい知識と丁寧さ。

住まいが変わらぬ性能を維持していけるように一つ一つ扱う材料の特性を見ながら
現場を納めて行きたいです。


PVアクセスランキング にほんブログ村