配筋。

建物を支える基礎は一番重要な所だと私は思います。
図面を見ながら忠実に配筋を行っています。
この現場に携わる基礎のチームは手前味噌ですが、とてもよいチームです。
図面を見て「ここはこれでよいのか?」「ここはどうなってるのか?」と常に気をくばっています。
ただ単に「図面どおり」やればよいというのではなく、丈夫でベストな基礎をつくるという気持ちを持ってくれているので、とてもありがたく感じています。
明日は午後より「配筋検査」の予定です。
皆で確認しながらベストな仕上がりを目指します。

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします