HOME >ブログ >無添加住宅 >「応急修理制度」の難解さに思う事。

「応急修理制度」の難解さに思う事。

震災で被害があった方々の為の「応急修理制度」ですが、
市町村によって取り扱いに違いがあるようです。

同じ制度であるのに窓口での対応に違いがあり困惑してしまいます。

見積り明細の記載の仕方によっては該当工事であっても枠以上の金額を記載すると工種の優先順位をつけられ項目ごと削除されてしまい枠を満額使えなかったりしています。

また写真の添付が必要となりますが、皆がデジカメを持って撮影できる事を前提としているようですが、今回は津波ですべてを流された方々がたくさんいらっしゃいます。
撮影できないという事もあるのではないでしょうか?

救済の為の制度であるならば、もう少し利用者の立場に立った方式がないのでしょうか?

これでは利用する側も対応する職員の方々も大変だと思います。

この制度の不明瞭さが混乱を招き誤った情報が飛び交う原因となっているようです。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へにほんブログ村

こちらもポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

建築現場人気記事ランキングはこちらからご覧いただけます。

「リフォーム人気記事ランキングはこちらからご覧いただけます!