HOME >ブログ >無添加住宅 >風水から学ぶプランニング。

風水から学ぶプランニング。

マイホームをプランする際風水の鑑定を希望される方がとても多くなっています。
今日は玄関の向きから判断する吉方・凶方をご紹介します。

八宅法では、個人の生まれた年を「本命卦」といい、その本命卦を中心として方位の良し悪しを選択します。

方位には5つの宅気があり、それぞれの方位に吉凶があるとされます。

〔5つの宅気〕

「旺気」は、家の中でもっとも気の旺盛な場所。財運、健康などに効果があるとされます。

「生気」は、子供や配偶者にもよい吉方位であり、穏やかな効果があるといいます。

「洩気」は、吉凶の中間作用があるとされ、現状維持にはよいが発展性を弱いとされます。

「死気」は、気の弱くなる場所で凶方位とされ、健康や金銭面でも苦労が多いといいます。

「殺気」は、大凶の方位であり、家の太極(中心)を損なう作用があるとされます。

 吉方位には玄関や寝室、居間が適切とし、凶方位には浴室、トイレなどが良いとされます。この前提を踏まえたうえで、8種類の「宅向」というものを出して、5つの宅気を配置していきます

〔8つの宅向〕

 離宅・・・玄関が北に向いた家の場合、北・西・東南が洩気、東北・南が生気、東・西南が死気、西北が殺気となる。

 坤宅・・・玄関が東北に向いた家の場合、東北と西南が旺気、東が生気、東南が死気、南・北が洩気、西・西北が殺気となる。

 兌宅・・・玄関が東に向いた家の場合、東・南・西北が生気、東南が旺気、西南・北が死気、西が殺気、東北が洩気となる。

 乾宅・・・玄関が東南に向いた家の場合、東南・西・北が生気、南が洩気、西南・東が死気、西北が旺気、東北が殺気となる。

 坎宅・・・玄関が南に向いた家の場合、南・西北・東が殺気、西南・北が生気、西・東北が洩気、東南が死気となる。

 艮宅・・・玄関が西南に向いた家の場合、西南・東北が旺気、西が死気、西北が生気、北・南が殺気、東・東南が洩気となる。

 震宅・・・玄関が西に向いた家の場合、西・東南が死気、西北が旺気、北・西南が洩気、東北・南が殺気、東が生気となる。

 巽宅・・・玄関が西北に向いた家の場合、西北・東・南が死気、北が洩気、東北・西が殺気、東南が旺気、西南が生気となる。

               ※引用 オフィスファルの「占いと運命の科学」より 

それでもどうしても間取り上うまく配置できない場合が多々ありますね。
その場合はいろんなアイテムを使用して凶を吉に変えていけるのも風水ならではだと思います。
 
にほんブログ村 住まいブログ リフォームへにほんブログ村ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします

こちらもポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

リフォーム人気記事ランキングはこちらからご覧いただけます!

スタッフ姉妹ブログWEB版暮らしの広場がんばれ!ウォンバット君も応援宜しくおねがいします!