HOME >ブログ >無添加住宅 >会社は誰のものか?

会社は誰のものか?

go to survive 夢を追った航空会社1500日戦争
金井 真弓
ディスカヴァー・トゥエンティワン

ムシムシした日が続いていますが、今日は金曜日☆休日まであと少しですね。

今日のお勧め本は

バーバラ・カサニ著の
「go to survive 夢を追った航空会社1500日戦争」です。

1987年にスタートした「go」という実在した航空会社のお話です。
4年間の間に急成長をとげた会社でしたが、最後はライバル会社に売却されてしまいます。

本文では
「私は基本的なことを忘れていた。goが私たちの会社だと思い違いをしていたのだった。」
「私たちにはgoへの情熱はあっても、支配権はなかった。」
という言葉があります。

それほどまでにこの会社のスタッフはチーム一丸となって
「低価格=低品質ではない」という経営理念をかかげ人生の一部として仕事をしていたのでした。

この本を読み終えると結果として会社を売却されてしまう悲壮感はなくむしろチームの頑張りにとても勇気と元気を貰えました。

この会社は2500万ポンドで始まったのですが、売却金額は3億7400万ポンドでした。
この数字が「go」への評価であり、目指したものが間違いでなかったと言う事を裏づけているだと感じました。

最近の忙しさに疲れて弱音を吐きそうになることもありますが、お声をかけていただくお客様への最高のサービスを目指しチームで頑張っていきたいなと思います。

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへにほんブログ村ランキング参加中です!応援ありがとうございます!
一押し応援よろしくおねがいします

こちらもポチッと応援おねがいします人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

リフォーム人気記事ランキングでは
既存活性化流通住宅事業の流れが1位です。

幸運予告2位です。

びっくりで嬉しいです!いつも応援していただいてる皆様のおかげです。他の記事もランキング上昇中です
!ありがとうございます

リフォーム人気記事ランキングはこちらからご覧いただけます!

スタッフ姉妹ブログWEB版暮らしの広場がんばれ!ウォンバット君も応援宜しくおねがいします!