HOME >無添加住宅について

無添加住宅について

体に悪いものは使わない

体に悪いものは使わない。
そんな当たり前のことに目をつぶり、コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた日本の住宅産業。
その結果シックハウスは起きてしまったのではないでしょうか。

しかも日本の住宅の平均寿命はわずか26年。
化学合成接着剤が20年から30年で劣化して、結果的に接着剤の寿命が住宅そのものの寿命につながっているのです。
30年近くもローンを払い続けて手に入れた家が、やっと払い終える頃になって立て直さなければならないなんて、おかしい。
私たちは、合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。

建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。
私たちは、家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

お手本はむかしの家づくり

昔の日本の家
化学物質を使い始める以前、日本の家は面積の広い壁には
土、柱はヒノキ、梁はマツ、床は畳、間仕切りには障子やふすまといったもので建てられていました。
日本人が健康に暮らしてきた「むかしの家」の、たくさんの土と少しの木、そして草や紙、というバランスには大きな意味があるのです。

工業化された家の素材は…

現代の工業化された家

工業化住宅の内装
自然科学的な視点からみると、人にとって安全な住宅を建てるには無機物をたくさん使って有機物を少なくすることがよいと考えられます。
有機物である植物は、生命連鎖の中で虫や菌から自分の身を守るために、天然の化学物質である毒を持っています。
一方無機物は生命活動に関わっていないため毒を持つ必要がなく、重金属や放射性物質を除けば人間には無害なものです。

無添加住宅の素材でできた家は…

無添加住宅の家
有機物、無機物
無添加住宅の内装
使用する天然素材は、長い年月をかけて素材の持つ魅力が増していくと共に、長持ちし、機能的で、使うほどに愛着がわいてきます。
古くなる美しさと、現代的な表情を持ち、何世代にもわたって受け継ぐことができるお家です。

弊社では、土台から仕上げまで、徹底的に化学物質を使用せず、「天然の素材」でつくりあげます。
例えば、天然木の防腐材には柿渋を丁寧に塗る。 屋根部の熱を自然の風力で強制換気することで、従来の屋根より省エネが期待できる天然石の屋根。 空気浄化、調湿のために炭化コルクを外壁下地に利用する。
問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、漆喰を塗る。
さらに、接着剤も、もちろん害のない「米糊」や、動物の骨や皮で作る「にかわ」等を使用しています。
身体に良くない化学物質を一切使用しておらず、食べられるくらい安全な家なのです。
CONTACT