HOME >ブログ >リフォーム >震災の記憶を生かして。

震災の記憶を生かして。

九州の皆様の平穏が1日も早く訪れますように。

進行中のアパートのリフォーム工事。
以前もお伝えしましたが、一階部分のもう一部屋のキッチンを解体したら
ここにも津波被害のヘドロの跡がありました。



この部屋は震災後2度目の改修となります。
震災時には1日も早くの復興を願い進めた工事。
物資の流通が滞ってた中最低限の範囲で行いました。
以前残して利用していたキッチン。今回は取り外し新しくなります。
浸水部の壁も取り外し作業は進行しています。


日本は地震が何処で起きても不思議ではない国。
自然には逆らえなくても被害を最小限に食い止める、命を守る手立ては
もう緊急に考えていかなくてはならないと思います。

私も建築のお仕事の中で
少しでも防災の提案が出来るように日々学んで行きたいと思います。