HOME >ブログ >日記 >マカン・マランを読んで。

マカン・マランを読んで。


見つけられたらご縁がある証拠。

路地をたどりハナミズキの花が咲く庭に灯が見えたら。

深夜に開く夜食カフェ。
そこに集まる人たちは何かしら悩みを抱えていて。
そんな人たちを癒すレシピを選んでご馳走してくれるのは
ウィッグをつけた…。

ここからは読んでからのお楽しみに。

読み進めるごとにこのカフェの中に自然に引き込まれていきます。
単なるグルメレシピの載った本ではなく
ちゃんと物語があります。

全4話のお話は、実は皆繋がっています。