HOME >ブログ >日記 >大きな鳥にさらわれないように。

大きな鳥にさらわれないように。

突然の豪雨。
雨あがりの濃霧。

そんな1日だったからか先日読んだ本を思い出し
ご紹介したくなりました。




描かれているのは未来。
なのに語られる言葉はどこか懐かしい。
この本に対してこのような寸評があったのを見て
まさにその通りだと感じました。

淡々と各物語は進むのですが、不思議でちょっとゾッとする感覚。
私は星新一さんの書が好きですが、どこか同じ空気感を感じました。

たくさんの短編がありますが
題名にもなっている「大きな鳥にさらわれないように。」
はまさに作者の世界を堪能できると思います。