HOME >ブログ >日記 >小さな家を考える。

小さな家を考える。

営業部の八木です。

間取りを考える時に
間取りの希望をコンパクトに収める事が課題となる事が多々あります。

希望の部屋数を網羅して
なおコンパクトな中に窮屈感がない工夫。
もちろん動線もより機能的に。

色々なアイディアを探すべく
参考に手にした本です。


間取りでキーポイントになるのは2階建ての場合
やはり階段の位置だと思います。

階段を空間の一部にする工夫。
例えば蹴込みをオープンにして踏み板のみの螺旋階段。
奥を見通せると広がり感があるし
螺旋にすることで階段のスペースを最小限に抑える。
それに吹き抜け空間をつなげて。

光が降り注ぐ間取り。

新しい企画住宅のアイディアに。

家づくりを始める
皆さんにも是非オススメです。