HOME >ブログ >無添加住宅 >手摺の下地。

手摺の下地。

ケアホームの新築工事。

工事は今のところ順調に進んでいます。

各部屋と廊下周りには必要時に備えてすべてに手摺の下地を入れています。

通常の手摺の高さは80㌢前後。身長や個人差によっても微妙な違いがあります。
2段手摺となる場合も想定して75㌢を中心として広めに下地を入れています。

リフォームの時にいつも手摺の下地が無くて苦労するので、

住宅の場合でも極力下地を施工するように心がけています。