HOME >ブログ >無添加住宅 >防寒設計と防暑設計。

防寒設計と防暑設計。

冬暖かく夏涼しい家。




家づくりのいつもテーマとなるところです。
その際断熱気密性など構造を考えることが多いと思いますが
間取りも重要な要素の一つ。

防寒設計としては
○熱の逃げやすい窓などの面積を小さくする。
○建築物の外表面積をなるべく小さくする。
○リビングなどの配置を日当たりの良い場所にする。

防暑設計としては
○窓からの日射を少なくする。
○室内にある熱を発する機器類を隔離する。
○風の通りを考えた間取りを考える。

などが挙げられます。
防暑面では東、西の受熱を避けるために東西軸の建物にすることが有効となります。
北面の明るさと涼しい風を引き込めるようにすればとても過ごし易い空間となるはずです。

個々の部屋の広さ、作業動線などと合わせて住み心地の良い住まいとなるように
お客様と一緒にプランニングのお手伝いが出来ればと思います。