HOME >ブログ >無添加住宅 >バミューダ諸島の白い屋根と漆喰について。

バミューダ諸島の白い屋根と漆喰について。

営業部の八木です。



昨日テレビで見たバミューダ諸島の白い屋根。


法律で全ての家の屋根の色が白色に保たれているそう。
その屋根の素材は「石灰」。
「石灰」の浄化効果を活かして屋根で受けとめた雨水を雨樋を通じで地下へ溜め
生活用水に使用してるのだそう。

「石灰」と言えば「漆喰」の成分。
この浄化の恩恵を無添加住宅では外壁・内壁に利用して受けているのだなぁと
改めて感激しました!



また白い屋根は光の反射率が70〜80パーセントとなるため「クールルーフ」とも呼ばれているそう。
漆喰の家が夏涼しいのも外壁の反射率の高さによるものなのです。